新入社員にはコーチングは本当に不必要??

ブログ

4月もはや終わり。
そろそろ新入社員や新人が、現場に入って来る時期になりました。
先輩や上司としては、「教える」ことに多くの時間を割く季節かもしれません。

新人には基本を覚えてもらう必要があるので、
コーチング(引き出す)よりもティーチング(教える)をするべきと一般的にはいわれています。
でも、本当に新人の時期はコーチングは必要ないのでしょうか?
そもそも新人に必要なことは何か、見ていきましょう。

一番大事なことは、仕事内容を覚えることです。
仕事内容とは、以前のブログでご紹介した「知識・技能・意欲」の知識にあたります。

そして仕事のやり方や段取りを覚え、実際に身体を動かしてみること。
これは自分で進められるようになるための動き方になるので、技術にあたります。
この2つは教わらないと、習わないと習得できないことなので「ティーチング」にあたります。

でも、知識と技術を教えるだけでは、育つものは少ないです。
自立した社会人に育てる(育つ)ためには、人間的な部分の成長も必須です。
そこは、やはりコーチングが必要な部分なのではないでしょうか?

仕事に対する意欲を引き出す。
コーチングは「意欲」をサポートします。

コーチングにより意欲がサポートされることで、
初めて行動の三要素「知識」「技術」「意欲」が揃うので、自ら行動できるようになるのです。

「本音の根っこ発掘」は、その人の持って生まれた強みや課題、
仕事など行動に対するストレス(初めてのことが不安、うまく説明ができるか心配…など)の
緩和方法などを通して、お一人お一人の意欲の芽を育てます。

新人教育をしている立場の方のサポートもしております。
ご興味のある方は一度お問い合わせください。

考えすぎて行動できない状態から脱却したい あなたへ

「つい、あれこれ先を考えてしまって行動ができない」
「やらなきゃいけないとわかっているけど、色々理由をつけて結局始められない」
「動き出そうとすると色々心配事が出てくる」
「本当にやりたいことがわからなくなる」
とお悩みのあなた。もしかしたらこれが原因では!?

「考えすぎる“結論迷子さん”から脱却!行動力UPハンドブック」プレゼント中!
今すぐ無料でダウンロードして原因を特定して本当の行動力をUPさせましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました